胡蝶蘭の魅力あれこれ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

胡蝶蘭の魅力を端的に一言でいざ表現するとなると、果たして何から語り始めれば良いやら、あれこれ迷い自問自答する中、自ずと言葉数は増える一方から、とめどない独演会と化してしまわれる方々も大勢おられるに違いありません。同時に少しでも花に詳しい、あるいは関心をお持ちであれば、その栽培から世話の難しさなど、非常に繊細極まりない胡蝶蘭の一面をご存知故、贈り物として届けられた際に、その後の管理に対する不安感と責任感が、特に嬉しさより勝ってしまわれた経験をお持ちかも知れません。それ程までに全てに於いて「別格感」を身に纏った胡蝶蘭だからこそ、お祝いの気持ちを伝える花として、さまざまな場面で喜ばれているのも周知の通りです。

たとえば街中を移動中、胡蝶蘭が整然と飾られている風景が目に飛び込んだだけで、新規開店あるいは開業祝いを全ての人達に伝える役割を果たしている胡蝶蘭に、思わず足を止めてしまう方々も少なくありません。添えられた贈り主の名前までもが誇らしく嬉しそうに感じられ、時に新店舗よりも胡蝶蘭が主人公可と思われる程、その神秘的な美しさと生命力は群を抜いています。贈るも贈られるも嬉しく誇らしい、そんな胡蝶蘭だからこそ、移転祝いという大切な場面にふさわしい花のスタンダードとして定着しているのも当然です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket