移転のお祝いには胡蝶蘭を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

事前に通知が届く、大切な取引先の事業拡大による移転拡張、あるいは知人や友人がマイホーム購入や独立起業で自身の新たな事業所を構えるなど、社会人として私達がお祝いの気持ちを伝えるべき場面、何より伝えたい場面は少なくありません。とりわけ仕事関連でこうしたお祝いを届ける場合、他の数多くの贈り物の中に埋もれてしまい、現場の忙しさなども影響した結果、贈り手側の「こころ」が十分相手に届かぬケースもゼロとは言えません。とりわけ取引先関連先へのお祝いに関しては、自社内でも流れ作業的な業務指示での対応となるケースも見られ、大切な気持ちの部分をキチンと伝え切れぬお祝いとなってしまい兼ねません。

とりわけ新規開店あるいは開業の場合、各方面から届けられた花がズラリと並べられる光景が一般的です。当然贈り手側の企業名や代表者名も掲げられるシチュエーション故、より多くの来訪者の目を惹くに値する花束あるいは花篭を、あくまで常識範疇のサイズと品種のチョイスから届ける必要が見逃せません。お祝いの花イコール贈り主自身を映し出している以上、この場面でのミスが間接的に自身に届けるデメリットは時に大きく、配送を依頼する業者選択にも細心の注意が求められます

ここでは以下、そうした仕事関連でお岩に気持ちを伝える胡蝶蘭の贈り方に際し、ぜひ踏まえておいていただきたいポイントをピックアップからご紹介申し上げます。これまで見落とされていた点などをお確かめの上、今後に活かしていただければ幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket